大切にしていること


教育理念
生きる力をはぐくむ

教育目標
・いのちの大切さを感じ、生きる力をもつ子ども
・自分の気持ちを素直に表現できる子ども
・しなやかな心、やりとげようとする気持ちをもつ子ども


とうみょうで大切にしていること。
それは子どもたちの「生きる力」です。

喜びをいっぱい味わう
子どもはいつも「私ってすごい?」「見てて!できるようになったよ!」と、自分の頑張りや意欲を表現します。そしてその気持ちを認めてもらうことで、喜びを感じるのです。また、「知らないから…」「したことがないから…」と怖じ気づいたり、難しそうだからとあきらめたりせず、難しいことに挑戦したい、できるようになりたいといつも前向きなのです。
できることが増えていくと今までの失敗や悔しさは喜びに変わり、次の課題への意欲になっていきます。そして、そのとき感じる気持ちは子どもの心に刻まれていきます。自分の力を信じて果敢に挑戦するからこそ、本物の知恵や技術が身に付いていくのだと思っています。
それらを経験するには、自分の力を十分に出せるような環境や機会が必要です。また、そのときに起こる試行錯誤、失敗を繰り返すなどの姿は、喜びにつながるのかと心配になるときもあります。ですが、子どもは自分自身で決めたことに取り組んでいるときには、結果がたとえ悪くても前向きに受け止めることができます。失敗や悔しさの後の「やったぁ!」の喜びは格別に感じるのです。とうみょうではそういった経験がたくさんできるような環境や機会を作っています。そして、生活やあそび、活動のなかで自分の持っている力を十分に発揮し、たくさんの喜びや意欲を味わえるようにしています。

自分で自分の気持ちに折りあいをつける
子どもが成長していくうえで、トラブルになったり、失敗したりするのはごく自然なことです。しかし、その場面で怒るだけ、あきらめるだけ、落ち込むだけで終わるのではなく、「自分で自分の気持ちに折りあいをつける」ことが一番大切なことだと考えています。「折りあいを付ける」はイコール「我慢する」ではありません。真剣に自分の気持ちに向きあい、時間をかけて、自分なりに調整をしていくことです。時間がかかっても、涙がこぼれても、その過程が大切なのです。そのため、とうみょうでは「話しあう」経験を大切にしています。年少組の頃から自分の気持ちや考えを相手に伝えること、受け入れてもらえることや否定されることをたくさん経験します。そうすることで、少しずつ子どもたちが中心になって話を進めていったり、場面によっては保育者に意見を求めたりしながら、自分たちで「話しあう」ことができるようになってきます。「話しあう」経験を重ねることは、様々な人の考えを知り、自分と友だちの違いに気付き、それを受け入れることができるようになるきっかけになります。
そして、少しずつ周りの人の意見を受け入れたり、自分の意見とすりあわせたり、折りあいをつけたりすることで、相手の気持ちやその場の雰囲気をくみ取ったりする大切な力につながっていきます。とうみょうでは、そういった「話しあう」時間を十分に作り、人の気持ちを感じたり、受け入れたりする経験を大切にしています。


しなやかさを身に付ける
「生きる力」は努力や頑張ることだけで身に付くものではありません。友だちのすることをまねしたり、人に頼ったり、時には回り道することも大切です。知らないことや分からないこと、変だなと思ったことを誰かに聞いたり、失敗した時や、別の考えが浮かんだ時は、あやまったりやり直したりすることも大切なことです。失敗やもめごと、けんかなどは生きていくなかで避けることはできません。それを乗り越えていくには、思い通りにならないことや落ち込むこと、恥ずかしい、悔しい、うらやましいなどの気持ちを子どもの時にたくさん味わうことが大切になってきます。そしてそういった経験をしたうえで、そのことにいつまでもこだわっているのではなく、気分を転換して「今度はこうしてみよう!」と新しい一歩を踏み出すことがしなやかさを身につけるためにもっとも大切なことです。
また、競争に負けた、生き物の死に出あった、失敗したといった経験は必ず起こります。そのときに周りにいる大人が「かわいそう」と遠ざけたり、ごまかしたりせず、その事実を伝え、気持ちや場面を共有したり、真剣に向きあったりすることも大切だと考えています。


自分に自信を持って生活する
子どもは一人ひとり個性があります。絵を描くことが好きな子もいれば、踊りが好きな子もいます。虫や生き物の世話が得意な子もいれば、空き箱や広告紙を使って作ることが得意な子もいます。人前で話すことが好きな子もいれば、自分のしたいことを見つけじっくりと楽しむ子もいます。個性は違っていて当たり前です。私たちはその子が自分らしさを表現していけるように、自分の決めたことや選んだことに自信を持って生きていけるようにと願っています。
とうみょうでは、いろいろな友だちとかかわり、様々なことに挑戦しながら「今まで知らなかったけれど、知ったら楽しかった!」「したことがなかったけれど、挑戦してみたらできるようになった!」と子どもの視野を広げるきっかけを作っていきたいと思っています。
小さなからだにたくさんつまっている子どもの「生きる力」。その「生きる力」をはぐくむための根っこになるもの。それは私たち大人が子どもの持つ力を信じることです。ですが、実際に子どもが困難にぶつかりそうになると「かわいそうだから」とその困難を取り除きたくなってしまったり、「できないだろう」と前もって手伝ってしまいたくなるものです。しかし、これから育っていく「生きる力」を周りの大人が信じ、同じ願いを持ちながら、応援していくことが大切だと私たちは考えています。


とうみょう幼稚園のテーマ
幼稚園で子どもたちとスタッフは毎日、時間を共にします。毎日積み重ねていく時間のなかで「絆」が生まれていきます。はじめは、おうちの方でなくてはダメだったことも、先生とだったら少しずつできるようになります。それは子どもと先生の信頼関係が着実に築かれているということです。そして、子どもにとっての先生は幼稚園で確実に信頼ができるお母さんやお父さんになっていきます。 その「絆」が」しっかりと確立されると、今度は友だちに目が向き始めます。友だちとけんかをしたり、『一緒に』を経験したりして、きょうだいのような「絆」が生まれてきます。それは、同じ年齢のつながりだけでなく、お兄さんお姉さん、弟妹のような信頼、愛情、優しさ、厳しさなど心が通うようなつながりがあります。それは、ことばでは伝えることのできない大切なものです。 幼稚園はとうみょうっ子たちの「家」です。そのなかで生活するスタッフと子どもたち、そして保護者の方々は家族です。大きな大きな家族です。その「家」のなかで、家族ならではのあたたかさを作っていきたいとスタッフ一同、心がけています。そのあたたかな「家」のなかで、困ったとき、悩んだとき、迷ったとき、保護者の方とスタッフが力を合わせて、子育てをしていく…そういった「絆」を作っていきたいと考えています。そして、地域の方々にも力添えしてもらい、地域の方々も含めたまるごと大家族になっていきたいと思っています。 たくさんの人の目と手と愛情を注がれた子どもたちは「生きる力」のみなもとを心にいっぱい蓄えて育っていくのです。

トップページへ戻る
学校法人 東明幼稚園
〒965-0042
福島県会津若松市大町2丁目1-45
TEL:0242-25-3636
FAX:0242-32-5133
E-mail:info@tomyo.ed.jp